ついに始まりました、衆議院議員総選挙(以下、総選挙)。
与党が過半数を守るのか、はたまた政権交代はあるのか!? 全国民が注目するその選挙結果をネットの口コミ情報から予想してしまいます!

ネットユーザーにアンケートを取る「ネット投票」とは違います。「クチコミ@係長」の口コミデータから毎日分析して、予想結果を公示日から毎日更新します!

ネットの口コミ情報から、果たして世論の趨勢が読み取れるのか!?

2009/9/7『口コミ予測と選挙結果のまとめ』を公開しました。

2009/8/31選挙結果の確認と照合作業が遅れており、本日19時の公開を予定しております。申し訳ありません。

(追記)予想結果を公開しました。結果は的中率80.33%でした。

2009/8/2930日は予想を非公開にします。31日に30日分の予想とその結果を公開します。

2009/8/28システム障害のため、25日と26日のデータ量が過小になっていたのを修正しました。

(追記)25日分の記事件数が修正されていませんでした。29日の予測分で修正予定です。

2009/8/20立候補者の情報を更新しました。

立候補者に変更があった選挙区は前日との予想得票率の差が大きくなっています。

2009/8/18ネット口コミによる選挙予想ページをオープンしました!

2009/8/18ネットの口コミとテレビ報道の露出とを比較するクロスメディア分析を公開しました!!

『口コミ予測と選挙結果のまとめ』

31日に公開した口コミ予想と選挙結果との比較を、もう一歩踏み込んだ分析結果を公開しました。

  • 衆議院総選挙を予想
  • クロスメディア分析

  • ※当コンテンツはネットの口コミを集めて分析して小選挙区毎の勝敗予想を元にしております。比例代表選挙区の予想はしていません。
  • ※当コンテンツにおける予想はHottoLaboの研究成果に基づいた算出方法で出していますが、結果を保証するものではありません。
  • ※選挙の投票は候補者や政党の政策を調べた上でご自身の判断で行ってください。
  • ※本サイトには候補者を選ぶのに参考になるような情報は何もありません。ただネット世論を生暖かく眺めているだけです。
『Web上の情報を利用した公職選挙得票予測』

当コンテンツの予想結果は『東京大学大学院 工学系研究科 総合研究機構 松尾 豊准教授』と 『東京大学工学部システム創成学科 末並 晃氏』による上記の研究成果に基づいております。

過去の選挙における候補者の氏名や政党名などのキーワードから抽出されるクチコミ数、候補者の属性と得票結果との相関を分析し、 投票日前までのネットの口コミ数の動向を分析することで、各候補の得票率が予想できるというものです。

最近行われた公職選挙での本研究についてはこちらをご参照下さい。